93 中国へのアクセス

香港から中国大陸へ
地下鉄で行ける広東省
広州、上海、北京へ直通列車で行こう

■ MRT東鉄線(East Rail Line)
隣の広東省へは陸路の移動が便利。MRT東鉄線の紅磡(Hunghom)駅から、終点の羅湖(Lowu)駅または落馬洲(Lokmachau)駅まで
の所要時間は約40分。下車後、標識に沿って進むと、香港出境と中国(深圳)入境の税関がそれぞれある。中国側の駅名ローマ字表記は、
広東語から北京語に変わるので注意が必要。
羅湖(Lowu)→􀪅湖(Luohu)/深圳(Shenzhen)
落馬洲(Lokmachau)→福田口岸(Futiancheckpoint)

■ 港鐵城際直通車(MTR Intercity Throught Train)
紅磡(Hunghom)駅から、広州、上海、北京への直通列車も運行している。チケットはMRT東鉄線の主要駅窓口、MTRホームページやアプリ、または電話で予約購入ができる。直通列車の場合、出境手続きは始発の紅磡
(Hunghom)駅で行われる。発車時刻の45分前には到着しておこう。中国大陸側の入境手続きは、到着駅の構内で行われる。

■ 長距離バス
香港国際空港(ターミナル2長距離バス乗り場)や香港市街各地から、深圳、広州、福州、厦門など様々な目的地へ直通の越境バスが運行している。香港島から深圳までは約1時間、広州までは約3~4時間。料金は直通列車
よりもリーズナブル。チケットは各バス会社のチケットセンターや乗り場、旅行代理店などから購入することができる。
出入境は、香港と深圳のボーダーでそれぞれ行う。香港側のボーダーまで香港市内からは大型バスで、香港空港発の場合はアルファード等の7人乗りのワゴン車で向かう。また香港側のボーダーを車で通過できるのは、7人乗りのワゴン車のみで、その際はドライバーにパスポートと出境カードを預け、車に乗ったまま香港からの出境手続きを行う。香港側ボーダーを通過後、荷物を持って下車し、中国への入境手続きを各自で行う。バスが中国側ボーダーのバス乗り場で待っているので、見つけて乗車。「バス会社名」、「行き先名」をしっかり覚えておこう。バスの半券を提示したり、乗車時に目印のシールが配られる場合もある。
バスで越境する深圳側のボーダーには、皇岡(Huanggang)、沙頭角(Shataukok)、「深圳湾口岸(Shenzhenbayport)」などがある。

■ 出入境方法と中国ビザ
香港のIDカードがあれば「香港居民」専用の「e-Channe(l e道)」自動ゲートから出境できる。IDカードがなければ窓口でパスポートと出国カードの提出が必要。香港の出入国カードは複写式になっており、1枚目が入国カード、2枚目が出国カードになる。
日本国パスポート保持者は、中国への入境日から15日目までの滞在についてはビザが不要。ビザが必要な場合は、旅行会社での代理申請が一般的だが、駐香港中国外交部で直接申請することもできる。いずれの場合でも、パスポートを忘れずに!

〈記事提供〉
エス・ティー・ワールド香港
TEL:(852) 2311-2031
Web:www.resort-wedding.com

■ 広深港高鉄(広州深圳香港新幹線)
2018年9月23日に新たな交通手段として、広深港高鉄(広州深圳香港新幹線)が加わった。香港の九龍西駅から深圳市の福田駅まではわずか14分(68元、78香港ドル)で、広州市の広州南駅までは47分(215元、247香港ドル)で結ばれた。(2019年1月現在)高速鉄道開通により香港と中国本土との連携を深め、
経済的発展が期待されている。高速鉄道へ乗車するにあたって、いくつか留意したいことがある。チケット購入は、窓口購入もしくはオンライン購入がある。当日の窓口購入は、混雑することが多く手続きに時間を要するため事前にオンライン購入することが好ましい。席はすべて指定席であり、乗車前に手荷
物検査・出国審査・入国審査があるため1時間前には入場しておくと安心である。

web:https://www.ticketing.highspeed.mtr.com.hk/its/

 

■ 港珠澳大橋(Hong Kong-Zhuhai-Macao Bridge)
香港と広東省珠海市およびマカオを結ぶ「港珠澳大橋」が2018年10月24日に開通した。全長55キロに及び、世界最長となる海上橋と
なった。香港空港から珠海まで陸路で4時間所要していたが、45分へ短縮された。香港からマカオは交通状況にもよるが30分程度アクセス可能となった。

(参考サイト)
■香港口岸から出発する場合
香港から出発するバス乗り場は香港国際空港の東側にある「香港口岸」にあり、10分~30分おきに24時間運行している。香港口岸から、マカオ又は珠海へのシャトルバス料金(片道)は、6時~23時59分までは65香港ドル、24時~5時59分までは70香港ドルとなっている。

■香港市内から出発する場合
香港市内からはマカオまでの直通バス「OneBus」の利用も便利。観塘のショッピングモールAPMより朝7時~18時半まで運行しており費用は170香港ドル(平日午後18時以降及び土日、祝日は190香港ドル※2019年1月現在)。観塘APMを出発しマカオサイドではマカオサンズ、ザ・ベネチアン、ザ・パリジャンのいずれかで降車できる。

※料金などは変動する可能性があります。事前にHPなどでご確認ください。
〈参考WEBサイト〉
・「港珠澳大橋」公式HP Web:https://www.hzmb.gov.hk/tc/index.html

・「OneBus」公式HP Web:https://www.onebus.hk/tc/

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る