87 香港国際空港

世界各国とつながる国際空港 香港国際空港
市街地とのアクセスが便利な香港の玄関口

■ 空港の概要
香港国際空港はランタオ島に位置し、2本の滑走路と2つのターミナルから成る。また、100以上の航空会社が乗り入れ、1日約1,100機が190以上の都市と香港を結んでおり、空港直結の駅から市内までは、わずか25分で移動できる。さらに「インタウン(市内)・チェックイン」が香港駅と九龍駅に設置されており、ここでチェックイン手続きと荷物の預け入れが可能。あらかじめ使用する航空会社会社のカウンターがあるか確認しておこう。2017年11月現在、日本への直行便は、札幌(新千歳)、東京(成田/羽田)、名古屋(中部)、大阪(関西)、岡山、広島、米子、高松、福岡、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、石垣へ就航している。

■ 香港の出入境方法
香港の入境審査窓口は、「旅客」、「香港居民」、「香港 永久性居民」の3つに分かれている。通常はカウンターにて入出国審査が行われるが、外国人であっても香港 ID カードの所持者は、「e-Channel」と呼ばれる自動改札ゲートを利用することができ、カウンターでの審査を待つ長い列を避けることができる。

■ 空港へのアクセス
◆電車:空港ビル直結の高速電車、エアポートエクスプレスが一番便利な交通手段といえる。九龍半島や香港島の中心地まで25分程で到着する。旅行客向けに、空港と市街地の片道または往復料金にMTR 3日間乗り放題がセットになったオクトパスカードもある。
◆バス:多くの路線が走っており、中でも各地へのアクセスが便利なのがエアポートバスだ。運賃も電車に比べて安く、香港島の中心地から1時間ほどで空港に到着できる。渋滞などの可能性もあるので、
少し時間に余裕を持って利用しよう。
◆タクシー:タクシーの色によって行き先の地域が分かれている。九龍や香港の市街地へは赤いタクシー、新界方面は緑、ランタオ島内なら水色のタクシーを利用する。空港から市街地に行くには、青嶼幹線(ランタオリンク)の通行料30HKDとトンネル料金(通過した場合)がかかる。

【Tips】
香港国際空港の展望台
香港国際空港ターミナル2に併設。空港のランウェイはもちろん、ランタオ島の山々、新界や東涌の住宅地など、360度のパノラマビューが楽しめる。メインターミナルであるターミナル1から少し離れたところにあるため、駐機中の飛行機を間近で見ることは難しい。しかし、香港国際空港の全景、隣接するアジアワールドエキスポや近隣の市街地などは見ることが出来る。展望台にある観光用双眼鏡は無料。
展望台には日差しを避けたり雨を凌ぐものがないため、帽子や日焼け止めは必須だ。また、飲み物の自販機などもないので、事前の購入をオススメする。

 

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る