81 タクシー

急ぎの時や荷物が多い時は利用したいタクシー
タクシー 香港のタクシー事情を知っておこう

■ タクシーの種類
香港には 3 種類のタクシーがある。車体が赤・青・緑に色分けされており、それぞれに営業エリアが異なる。
赤タクシー(市区タクシー):香港全域(ランタオ島南部を除く)
緑タクシー(新界タクシー):新界西・東北部
青タクシー(ランタオタクシー):ランタオ島内


緑/青タクシーはエリアを越えて運行できないため新界地区から
香港、九龍地区へ行く場合は(空港、ディズニーランドを除く)、赤タク
シーのスタンド で乗り換える必要がある。

  • 海越え・クロスハーバータクシー:赤タクシーで香港島ー九龍半島間の海底トンネルを通過して対岸へ行く場合、復路分の通行料も請求される。ただし、海越えタクシー専用のスタンドから乗車する場合は、片道分だけでよい。路上で乗車しようとして海越えを断られた場合も、専用スタンドまで行って乗り換 えるとよいだろう。

■ タクシーの乗り方
街中にあるタクシースタンド(的士站)で待つか、流しのタクシーを拾う。路上で乗降する場合、駐停車禁止区域(路肩に黄色の二本線など)では停車できないので注意が必要。行き先を告げる際、英語住所のわかる運転手もいるが、通じにくいこともしばしばあるので漢字の住所や地図を見せるのが確実だ。定員は、ほとんどの車両が5名だが、4名の車両もあるので注意が必要。車両前部の緑色プレートに定員数が記載されている。シートベルトは前・後部座席とも着用が義務付けられている。違反した場合、罰金は乗客に科せられるので要注意。

【Tips】
●走行料金
赤タクシーは初乗り(2kmまで)が22HKDで以降、200mごとまたは待機時間1 分ごとに1.6HKDが加算(78HKDに達するまで)。また78HKDに達してからは同条件で1HKDずつ加算される。緑タクシーの初乗りは 18.5HKD、青タクシーの初乗りは17HKDで、加算額が多少異なる。支払いは降車時にメーター通りに行う。カードが使える車両はほとんどなく、500HKD以上の紙幣もつり銭不足で受け取られないことがあるので、乗車前に100HKD以下の紙幣を用意しておくようにしよう。チップは必要ないが、セント単位のつり銭は返さない運転手も多いので、受け取らずに残してく るくらいの気持ちでいると良いだろう。

●追加料金

    • トランクに入れた荷物
      1個につき 5HKD
    • 鳥、動物の持ち込み 5HKD
    • 電話予約したとき 5HKD
    • トンネル通行料金
      ( トンネル別)

2018年2月末現在〉

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る