06 健康診断

香港の医療環境は高水準
健康維持と健康増進に活用したい

■ 香港の健康診断事情
香港の医療は、欧米の最先端医療機器と医療方法が導入されており、健康診断でも高いレベルのサービスが提供されている。また、受付から手続き、診断、アフターケアまで日本語で対応可能な病院や健康診断機関も多く、日本人でも安心して健康診断を受けられる環境が整っている。

■ 日本の健康診断制度の適用
日本の健康診断の制度は世界的に見ると極めて特殊といえる。健康診断の受診に関して法律で義務化している部分がある国はおそらく日本以外にはないだろう。この健康診断のシステムは、日本採用の駐在員には海外でも準用されるものであり、海外駐在員などたとえ日本居住ではなくてもこの法律の適用は受けているものと考えておかなければならない。また、海外駐在中は家族も事業所の費用負担で健康診断を受けることができる場合も少なくないので、この機会を有効に活用して、家族の健康の維持管理あるいは増進に活用すると良いだろう。

■ 健康診断を受ける理由
健康診断の大きな目的としているところは、病気を発見するだけではなく、現在の健康状態を大まかに把握することだ。もちろん病気が見つかる場合もあるが、それよりも現状をどう改善するのか、あるいは問題がない場合でも、如何にして更に良い健康状態に増進するのかを考えるきっかけとしなければならない。また、先述の通り、日本採用の駐在員の場合、事業者には「受けさせる義務」、そして駐在員にも「受ける権利とその義務」があるので、健康診断を受けさせていなかった駐在員が万一病気で死亡した場合など、かなり面倒なことになる場合も想定される。過去には裁判になったケースもあるので、少なくとも法的な義務事項は守らなくてはならない。

■ 健康診断の受診
健康診断に関しては総合病院で受診できることはもちろんのこと、すべて日本語で受診できる健診施設もある。もちろん地元の小さなクリニックレベルなど、様々な医療機関が健康診断サービスでも提供しているが、どうせ受診するのであれば結果について詳しく解説してくれたり、日頃の健康相談なども気軽にできる医療機関を探しておきたいものだ。

■ 健康診断で受診するべき項目
健康診断サービスを提供する施設はどこでも基本的な検査項目を網羅したセットメニューを用意しており、さらにオプションで検査項目が追加できるようになっている。しかし、セットの中には必ずしも必要ではないものや事業所が一律に行うことは好ましくはない検査項目が含まれていることがある。またオプションをやたらと受診してもその意義は大きいとは言えないので、本当に必要とされる検査を選んで受診されると良いだろう。
追加受診としては胃部内視鏡検査、上腹部超音波検査、眼底検査、眼圧検査、女性であればこれに婦人科検診、乳房レントゲン検査、骨盤内超音波検査を加えることが一般的だが、当然のことながら年齡なども考慮して受診項目を決めることが理想的だ。健康診断実施機関からも適切なアドバイスをもらうようにしよう。
健康診断が終わると、しばらくして結果が送られてくることは日本と変わりはない。その結果を見てわからないことは必ず聞いて、問題を解決しておこう。また。再検査の指示などに関しては躊躇せずに受けておくことが大切だ。海外で生活する上では、特に自分の健康の管理は自分自身でしっかりと行いたいものだ。

【TIPS】
■健康診断パッケージ例
総合健康診断 HKD2,600

  1. 身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)、視力検査、聴力検査(1,000Hz、4,000Hz)、血圧測定
  2. 医師診察(間診、打診、聴診、触診、男性は直腸診含む、女性は乳房視触診含む)
  3. 尿検査(糖、蛋白、潜血、PH、ビリルビン、ウロンビリノーゲン、ケトン体、尿沈渣)
  4. 検便(虫卵、潜血検査)
  5. 血液検査(総コレステロール、HDL&LDLコレステロール、中性脂肪、血糖)
  6. 総ビリルビン(GOT、GPT、rGTP、ALP、総蛋白、アルブミン、グロブリン、尿酸、尿素窒素、クレアチニン、赤血球、白血球)
  7. 血液像(白血球分画、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板、MCV、MCH、MCHC)
  8. 胸部レントゲン検査(直接撮影)
  9. 心電図検査(安静時)

〈取材協力〉
Mediport International Ltd.
TEL:(852) 2577-1568
E-mail:info@mediport.com.hk
Web:www.mediport.com.hk

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る