38 保険商品の活用

保険商品の活用は海外居住者の特権
貯蓄性の高い海外保険を購入しよう

香港では、アジアでも最も有利な保険が買えるといわれている。日本よりも保険の「利回り」が良い商品が販売されており「日本非居住者」であれば香港の保険を購入できる。ちなみに、「日本居住者」が海外保険を買う場合は、内閣総理大臣の許可が要ると日本の保険法で定められており実質禁じられている。一度購入してしまえば、その後、海外赴任終わり日本に帰国しても、購入した保険は成立しており、日本での保険金の受け取りも可能である。なので、帰国が決まり急いで香港の海外保険を購入するケースも少なくないようだ。

■ 香港で保険を購入する
香港では、保険エージェントか、保険ブローカーしか保険の販売取次はできず、保険会社によって加入条件や必要書類が異なる。保険会社とは帰国後も住所変更や、保険金の請求など長期渡り関係が続いていくので、信頼して付き合えるエージェント、ブローカーを通じて購入手続きをしたほうが良いだろう。
香港には日本人のファイナンシャル・プランナーも数多く常駐しているので日本語で相談できる環境も整っている。

■ 自分に合った保険選びを
香港では運用と保証がバランスした保険が高利率・最低金利保証もついて販売されている。保険の類も様々。貯蓄型の「生命保険」、死亡保障型の「生命保険」、「学資保険」や「個人年金」加入者の目的や人生プランに沿って商品を比較しながら最適なものを選ぶことができる。どういう保険に加入するかは、支払いや受け取り条件、個人や家族の人生計画をもとに信頼できる会社、エージェントに相談してみよう。

■ しっかりと納得して購入しよう
 日一般的に、日本人は金融商品に触れる機会や投資の勉強をする環境が少ないため「金融リテラシーが低い」と言われている。たくさんの専門用語に苦手意識を感じても、曖昧なままにせず、納得するまで質問しよう。セカンドオピニオンを求めたり、複数社を比較するなど、積極的な情報収集を行って内容をよく理解することが必要だ。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る