76 香港を利用した中国展開

香港を活用した中国へのビジネス展開には
どのような方法があるのだろうか?
広東省の自由貿易区についても知っておこう

香港を活用したビジネスモデル、また広東省の自由貿易区について紹介しよう。香港に会社を設立するメリットは数多くあるが、その代表的なものは以下の通り。

■ 香港を活用したビジネスモデル
Supply Chain Managementの統括拠点
フリーポートである香港に貨物を一旦ストックすることで、中国で直接輸入するより税額の発生を遅らせることができる。また、東南アジアと中国の生産工場との受発注には、英語と中国語でのやり取りが伴うため、香港を仲介することで、円滑なコミュニケーションが可能。このスキームは、必ずしも香港で行う必要はなく、後ほど紹介する自由貿易区にこの目的の会社を設立することも可能である。

ファイナンス機能-リインボイシングの活用
中国の生産工場の資金繰り負担を少しでも軽減させる方法として、香港を利用したリインボイシングがある。例えば、東南アジアのサプライヤー→中国生産工場→日本のエンドユーザーという商流である場合、中国生産工場では、エンドユーザーから代金を回収するまで、東南アジアのサプライヤーに支払った金額分キャッシュフローがマイナスとなる。そこで、香港統括会社を利用して、東南アジアのサプライヤー→香港統括会社→中国生産工場→香港統括会社→日本のエンドユーザーという商流にすることで、中国の生産工場と香港統括会社間は支払いのサイトを自由に調整することができるため、中国の生産工場の資金繰りによる負担を軽減することが可能となる。なお、商流と物流は必ずしも一致させる必要はなく、通常、モノの流れとしては、香港を経由せず直接日本に輸出する。

資本戦略としての香港の活用①
中国から日本に配当金を送る場合は、10%の源泉所得税が発生するが、香港に配当する場合、税務局に認められたならば5%の源泉所得税となる。各子会社からの配当金を香港で一括管理し、必要に応じて他の国への出資を行う。或いは日本の親会社へ利益の還元を行う。※5%の税率を適用するには、香港法人が中国子会社の持ち分を25%以上保有し、且つ香港が実体を伴う拠点であることが最低限求められる。

資本戦略としての香港の活用②
中国では破産が認められるケースが稀である。通常外資系企業が清算を行う時は、買掛金をすべて支払い、回収できない売掛金は諦め、従業員に経済補償金と、場合により税金の滞納金等を支払う必要がある。資金が不足している会社は、親会社からの増資が必要となる。そのため日本親会社は中国への投資に伴い、大きなリスクを背負っていると言える。このリスクを回避する一つの手法として、香港にSPC(特別目的会社)を設立し、事業ごとに証券化するという方法がある。つまり香港に設立したSPCから中国に出資し、SPCとそれにぶら下がる中国事業を証券化することで、他企業に売却することも、選択肢の1つになる。
香港を利用したビジネスモデルには、上記のほかに、中国系企業とのジョイントベンチャーを香港に設立したり、香港の代理店と代理店契約を結んで中国市場に進出するなどもある。
次に現在中国で注目を集めている自由貿易区についてを紹介する。

■ 自由貿易区の紹介
前海自由貿易区、横琴自由貿易区は、保税機能、また低税率(一部の分野に対して15%の低税率を適用)という面では、香港に類似した機能を備えているが、外貨管理制度により、リインボイシングを行うには適していない。香港の地代高騰を受け、今後、香港に進出している業種において、自由貿易区への投資が殺到する可能性はあるが、前海自由貿易区の日系企業に対するメリットはそれほどないため、日系企業の投資は現在のところほとんどない。一方、インフラは急速に整備されており、内資系企業の投資は相次いでいる。将来は、珠江デルタエリアのマンハッタンを目指すとしているため、今後の発展が期待される。
広州の自由貿易区である南沙新区は、通関簡易制度を全国に先駆けて実施。また商業エアポート、広州都心部と南沙地区を結ぶ高速地下鉄、深圳と南沙を結ぶ深中通道などの建設が行われ、前回同様、インフラ整備が急速に進んでいる。政府の計画によると、将来は広州都心の珠江新城のような発展を遂げると言われており、現在不動産価格が急上昇している。今後、特にハイテク産業、物流産業、高付加価値製造業等の発展が期待される。
広東省全体の産業形態は、第三次産業と高付加価値生産業に移行しており、自由貿易区はそれを象徴する場所と言えるだろう。

〈記事提供〉
Aoba Group of Professionals & Specialists
TEL:(852) 2850-8990
Web:www.aoba.com.hk

 

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る