71 産業翻訳

ビジネス上必要不可欠な翻訳
 知って得する翻訳業界事情を詳しく知ろう!

■ 翻訳の種類
翻訳業界は大きく分けて「映像」、「出版」、「産業」の三つに分けられ、「産業」が一番大きい割合を占めている。「産業」に分類される業務としては、定款・会計報告・会社紹介資料などの会社経営には欠かせない書面や、製品のマニュアル・雇用契約書・製造現場への安全指示書など、ローカルスタッフを管理する際に必要な書面の翻訳が挙げられる。
日系企業が香港に進出する際に苦労するのが、上記の「産業翻訳」だ。ただ翻訳すれば良いというものではなく、それぞれの業界の専門用語を用いた翻訳や、専門知識・香港の文化・習慣に基づいた翻訳をしなくてはならない。翻訳された文章の出来が稚拙な場合、それだけで会社の信用が失墜することにもなりかねないので注意が必要だ。

■ 翻訳の依頼先

  1. 自動翻訳
    GoogleやLINEなどWEB上で自動的に翻訳をしてくれる。
    メリット:無料。即時に翻訳。
    デメリット:正確性が無い。ビジネス上での利用は困難。
  2. フリーランスの翻訳者
    WEBの発展により、個人で翻訳者として活躍する人が増加している。
    メリット:連携、交渉がしやすい。
    デメリット:多岐に渡る内容を一括して依頼することが出来ない。
  3. 翻訳専門会社
    需要に応じた専門家と契約。
    メリット:どのような業種・内容であっても対応可能。
    デメリット:1、2と比較すると値段が高い。

【Tips】
TAKARA INTERNATIONAL(HK)は、日本語、英語、簡体字、繁体字、韓国語の産業翻訳のエキスパート。常時厳しい試験を通過したレベルの高い翻訳者と自社チェックチームを常時抱えているため、高品質な翻訳を提供できる。香港の進出前・進出後に翻訳に困ったら、まずはT A K A R A I N T E R N A -TIONAL(HK)に問い合わせを。

〈記事提供〉
TAKARA
INTERNATIONAL (HK) LTD.
TEL:(852)2156-3759
Web:www.takara-international.com.hk/#home

 

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る