在香港日本国総領事館

香港には総領事館があり、各種届出、証明書の申請、
旅券申請などは総領事館で行うことができる。
香港に来たらまず在留届を提出しよう。

■ 在留届
旅券法では、外国に3カ月以上滞在する者は管轄する在外公館に届出なければならないとされている。在留届は海外在留者への必要な連絡を行う際の重要な手段となる。例えば、不幸にして事件事故に巻き込まれたときには、在留届をもとに速やかに日本国内の家族に連絡をする等の支援をしてくれる。

■ 転出・変更届
住所、緊急連絡先に変更があった場合、同居家族に異動がある場合には、変更届を提出する。また、香港総領事館の管轄(香港及びマカオ)から離れる場合は、転出届を提出する(旅行等、一時的な転出の際には必要ない)。
なお、当館に印鑑登録を行っている人は、本人による印鑑登録の住所変更手続が必要となるので窓口で申し出る。

■ 出生届
香港での出生登録はまず病院から通知された香港の登録所(Birth & Death Registry)へ行き、子どもの名前、両親の名前等を登録。その際、婚姻証明(戸籍謄本に基づき総領事館が証明する)を要求される。また、子どもが生まれたことにより、外国籍を併せ有する時は、3カ月以内に日本国籍を留保する旨を記入した出生届を提出しなくてはならない。さもなくば、子どもが生まれた時にさかのぼって日本国籍が失われる(日本の戸籍に入らない)ので、十分注意が必要だ。なお、子どもの名前に使用できる漢字には法令上制限があるので、法務省民事局ホームページを参照しよう。
www.moj.go.jp/MINJI/minji86.html

■ 婚姻届
日本人同士の場合と一方が外国人の場合では、届け出方式や必要書類が異なるので注意が必要だ。

■ 離婚届
協議離婚による離婚をする場合、証人2名が必要。また、一方が外国人の場合には協議離婚ができないなどの決まりがあるので、詳細については総領事館領事部まで問い合わせよう。

■ 印鑑登録
印鑑証明と同じ効力を持つ証明書で署名(拇印)証明がある。印鑑登録は日本国内または他の在外公館に登録されていないことが条件となる。帰国転居等により香港を離れる場合には抹消手続が必要だ。

〈記事提供〉
在香港日本国総領事館
Consulate-General of Japan in HK

46 – 47/F, One Exchange Square,
8 Connaught Place, Central, HK
TEL : (852) 2522-1184 FAX : (852) 2868-0156
Web : www.hk.emb-japan.go.jp

 

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 香港便利帳2019年度版 香港に赴任が決まった方は必見です。 香港のビジネス・暮らし情報をト…
  2. 香港には2階建てバスやミニバスなど 様々なバスがある 便利に使いこなそう ■ バス 路路線バ…

ページ上部へ戻る